大人にきびが顎にできやすい秘密とは?

アゴにニキビができる秘密は?

大人にきびが顎にできやすい秘密とは?

お顔にできるにきびにもさまざまなものがありますよね。 小鼻にできてしまったり、頬にできてしまったり、額にできてしまったり……。 中でも、大人になってからのにきびには顎にできるものが多いといわれています。 それではなぜ顎にできやすいのか、少し確認してみましょう。

まずは、にきびの原因から見てみましょう。 にきびの原因といえば、毛穴がつまってしまうこと。 これは皮脂の分泌が過剰になってしまったり、洗顔をせず脂ぎったお肌を野放しにしてしまったり、洗顔をしても洗顔料をきちんと洗い流さずに残してしまったりということが挙げられます。

毛穴がつまってしまうと、アクネ菌の温床に。アクネ菌はお肌の酸性の度合いを調整したり、他の病原菌の増殖を抑える働きをしていますが、増えすぎてしまうとにきびの原因になってしまうのです。

また、もうひとつのにきびの原因もチェックしておきましょう。にきびは、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまっても引き起こされます。 男性ホルモンはお肌の皮脂の分泌量をつかさどるほか、過度に分泌されると、お肌の新陳代謝を乱してしまいます。代謝のバランスが崩れると、顎ににきびができやすくなってしまうのだそうです。

男性ホルモンが増えてしまうのは、生理前やストレスが引き金になっています。また、排卵後には男性ホルモンによく似た働きをする黄体ホルモンというものも活発になるため、余計に注意が必要です。 その他の原因として、化粧を落とさずに放置してしまったり、スキンケアが適切でないということも挙げられます。

顎にできてしまったにきびには、まず、洗顔で綺麗な肌環境を整えてあげることが大切です。 ホットタオルで毛穴を開き、きめ細かい泡で優しく洗いあげましょう。ごしごし擦ってはいけません。手のひらを使って、円を描くようにくるくると洗いましょう。

睡眠不足もお肌の大敵ですから、睡眠はきっちりとって、生活リズムを整えましょう。他に、バランスのよい食事や、低刺激の化粧品を使用するなどを心掛けましょう。